Labit room、3年ぶりにMini Albumをリリース

Labit room、3年ぶりにMini Albumをリリース

京都発のロックバンドLabit roomが、1st EP“Laboratory”以来3年ぶりに2nd Mini Albumをリリースする事を発表した。

Labit roomは京都の理系学生によって結成された4人組で、郷愁を感じざるを得ない心地よい歌声と、王道でありながらもそれだけでは終わらないメロディーとサウンドをあわせ持つ唯一無二のオルタナティヴロックバンド。前作の1st EP“Laboratory”はタワーレコード京都店・JET SET京都店にて限定発売され、初の流通盤にもかかわらず両店で完売し、発売週にはタワレコ京都店でウィークリー1位を獲得し話題となった。

今回リリースとなる完全自主制作盤2nd Mini Album“Blueprint”は、疾走感のあるチューンから胸に刺さるバラードまで、ポップでありながらも様々な要素を取り入れた6曲6色のミニアルバムとなっている。

タイトル“Blueprint”には青春の一幕を写真に収めたような楽曲たちが、今後の“設計図”となるようにという意味が込められている。

関連記事(外部サイト)