風間俊介、タキツバラストステージについての生田斗真の発言に「言いたいことが…」

7月4日、フジテレビ系『VS嵐』に風間俊介が出演した。

【別の記事】風間俊介、嵐への思いを語りファンから感謝の言葉殺到「ありがとう」「泣ける」

番組では、昨年12月31日に開催されたコンサート『ジャニーズカウントダウン 2018-2019』で、風間と生田斗真、山下智久、長谷川純のFOUR TOPSのメンバーがタッキー&翼のバックダンサーを務めたことについてトークを展開。

これについて、嵐のメンバーは風間に対して「1番張り切ってたじゃん」「すげえ練習してたじゃん」などと指摘。

すると、風間は「前に『VS嵐』で斗真が来た時に、『風間が1番張り切ってた』って言うけど、それだけは言いたいことがあるんだけど」と切り出し、「斗真が1番張り切ってたと思う」として、生田の発言に異を唱えた。

さらに風間が「だって斗真は、3回か4回くらい自主トレしてるんだよ?」と話すと、周囲からは「それはえらいじゃん」「結果あいつ(生田)はミスしてないんだから」という声があがった。

これを受け、風間は「確かにね、最後の最後で1個間違えたよ。確かに」と自身の失敗を告白。しかし、この発言に対するスタジオの反応が薄かったことから、風間は「あれ…?バレてなかったんだったら告白しなかったんだけど」と動揺した様子を見せ、周囲の笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)