南キャン・山里、三四郎・小宮の“夏のイベント”に疑問「何か悪いこととかしたの?」

南キャン・山里、三四郎・小宮の“夏のイベント”に疑問「何か悪いこととかしたの?」

8月24日に放送されたテレビ東京系『ひねくれ3』で、三四郎・小宮浩信が“夏のイベント”について話すシーンがあった。

【別の記事】山里亮太 テレビ出演の際の“態度”SNSで叩かれ嘆き「仕事なんだから!」

番組冒頭では、ハライチ・岩井勇気が「ライブの企画ですけど、グランピングに行きましたよ」とグランピングという、設備が用意された豪華なキャンプに行った話を展開した。

それに対し南海キャンディーズ・山里亮太は“ギターの音色が耳障り”といい、岩井も“良かれと思ってスピーカーで音楽流してるやつ”などとキャンプ場での他グループの行動に関してクレームを言う中、小宮は「僕、学生時代、ボランティアキャンプみたいなの行っていましたよ」と切り出した。

それを聞いた山里から「ボランティアでそういうことするってことは何か悪いことでもしたの?」「禊(みそぎ)?」と疑問の声があがると、小宮は「勉強、全然していなくて」「親がちょっと、行ったほうがいいよって」「本当に禊です」とコメントし、スタジオは笑いに包まれた。

関連記事(外部サイト)