V6三宅健、デビュー決定のSnow ManとSixTONESにコメント「有名になっていってほしい」

8月26日深夜放送のbayfm『三宅 健のラヂオ』にV6・三宅健が出演した。

【別の記事】V6三宅健、滝沢秀明氏と“2人で朝まで過ごした”誕生日の思い出語る「病室で…」

番組では、リスナーからのメールをきっかけに、先日行われたジャニーズJr.の東京ドーム公演で、ジャニーズJr.ユニットのSnow ManとSixTONESのデビューが発表されたという話題が展開された。

三宅は、この公演を観に行っていたとして「面白かったです。本人たちの持ち曲ももちろんやるし、先輩の楽曲も歌うし、面白かったですけどね」と語り、「すごいよね。ジャニーズJr.で東京ドームやっちゃうんだよ」「いろいろ感慨深かったよ、僕は」とコメント。

続けて「Snow ManだけじゃなくてSixTONESも、やっぱみんな『いつデビュー出来るんだろう』って思いながらやってたと思うから、この2グループが、しかも同時にデビューが決定っていうのはすごく嬉しかったし、ファンの人たちも、すごい会場も盛り上がっててさ、良かったなーって思いました」と、2組のデビューについての感想を口にしていた。

さらに「僕らなんてもう、右も左も分からないまんまデビューしちゃってますから、ホントにダンスもおぼつかない感じで」と自身のデビュー当時を振り返り、「その頃と比べると、まったく今の子たちはもう、みんなそれぞれ小さい頃からダンスをやってる子たちもいるし、それぞれがみんな芸達者だし、ちゃんと個性を遺憾なく発揮出来る人たちが選ばれてるんだろうなあっていうふうに思いますから、楽しみですよね」と語った。

そして「Snow Manの子たちだったり、SixTONESの子たちが、いろんな番組に…バラエティも出たりしてると嬉しいですけどね」「どんどんどんどん世の中に知られてって、有名になっていってほしいなあって思いますけどね。おじさんは」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)