“ボカロP”Mitchie M、名盤1stアルバム『グレイテスト・アイドル』アナログレコード化が決定

“ボカロP”Mitchie M、名盤1stアルバム『グレイテスト・アイドル』アナログレコード化が決定

“神調教”と呼ばれるVOCALOID調整スキルとハイクオリティな楽曲で、初音ミクの歌声を追求するボーカロイドプロデューサー「Mitchie M」。大ヒットを記録した1stアルバム『グレイテスト・アイドル』が、6年振りとなる2ndアルバム『バーチャル・ポップスター』発売に合わせて、待望のアナログレコード化が決定した。

「歌詞がくっきり聴こえる」“神調教”スキルで「FREELY TOMORROW」「ビバハピ」「アゲアゲアゲイン」「愛 Dee」「イージーデンス」といった、動画サイトでミリオン再生を記録する“神曲”を次々と発表。それらを収録し、2013年11月6日に発売されたのが、オリコン週間6位を獲得した1stアルバム『グレイテスト・アイドル』。

アナログレコード化を祝して、書籍『初音ミク 10th Anniversary Book』封入CDのみに収録されていたレア・リミックス「Birthday Song for ミク (10th Anniversary Version)」と、現在プレミア化している自主制作盤に収録されていた、Mitchie Mにとって初めてのボカロ楽曲「cosmic ballad」を追加収録。1stアルバム完全版とも言える内容になり、ファンとしてはマスト・バイなアイテムだ。

ジャケットは『新世紀エヴァンゲリオン』の「貞本義行」氏が初めて手掛けた「初音ミク」のイラストで、リリース当時大きな話題を呼んでいる。その後フィギュア化もされ、これもまた話題に。

枚数限定盤でのリリースとなる本作。初音ミク音楽史上に名を残す名盤を、アナログレコードの音質そしてLPサイズのジャケットで再び楽しむことができるレアな機会を見逃さずにはいられないだろう。

関連記事(外部サイト)