神木隆之介、中村倫也に「アラジン」の名曲披露も言われてしまった“痛恨の一言”とは?

神木隆之介、中村倫也の目の前で『アラジン』の名曲披露も「1発目から…」

8月29日放送の日本テレビ系『ZIP!』に出演した神木隆之介が、中村倫也についてのエピソードを語った。

【別の記事】菅田将暉、先輩・中村倫也の忘年会エピソード明かす「ずーっと歌って…」

番組の中で、神木は、カラオケではMr.Childrenやサザンオールスターズ、スキマスイッチなど、さまざまなアーティストの曲を歌うと話した。

さらに、最近はディズニーの実写版の映画『アラジン』の日本語吹き替えを担当した中村が歌う名曲「ホール・ニュー・ワールド」を練習しているとして、中村の前で披露したことを明かした。

しかし、神木は「『歌詞違う』って言われた」「1発目から間違えちゃって『歌詞違うからそれ』って」と明かし、周囲の笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)