嵐・相葉雅紀、小学生に“松潤”と人違いされたエピソード明かす「ありがとうって…」

9月5日に放送されたフジテレビ系『VS嵐』に、嵐が出演。相葉雅紀が人違いされたことを話す場面があった。

【別の記事】嵐・相葉雅紀、松本潤とのメッセージ内容明かし「めっちゃ可愛かった」

「この間、あのね、あんまり間違えられないんだけど、人にね」と切り出した相葉は「登校時間と重なっちゃって、すごい小学生だったの。学校の近くで」と学校の登校時間と重なり、多数の小学生がいたことを明かした。

さらに、「いつもジムの帰りとかに通っている場所で、小学生が何を間違えたのか、『松潤だ』って言いだしたの」と話し、松本潤と間違えられたことを告白。

驚きの声が上がる中、相葉は「たぶん、変換されてるんだろうね」「俺(相葉)って言いたかったんだろうけど、『松潤だ』って言ってきて、でもこれ『可哀想だな、訂正するのも』って思って、『ありがとう』って言って」「『松潤だ』ってことにして、俺は通り過ぎたんだけど…」と当時の様子を振り返った。

他のメンバーから「そういうときはちょっと松潤感出すの?」という疑問の声が上がると、相葉は「言われてから、松本潤で行くよ」と回答。その後、相葉が思う“松潤らしい歩き方”を披露し、スタジオは笑いに包まれた。

関連記事(外部サイト)