木下優樹菜、三代目JSB・NAOTOのカラオケエピソード明かす「めっちゃ発散してた」

木下優樹菜、三代目JSB・NAOTOのカラオケエピソード明かす「めっちゃ発散してた」

9月12日放送のTBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』に、NAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が出演した。

【写真】木下優樹菜、三代目JSB・NAOTO&ブラマヨ小杉との“仲良し”ショットに反響「メンツ最強」

番組の中で、出演者から「LDHの歌の中でNAOTOくんが1番得意な歌は何なんですか?」と質問されたNAOTOは「『R.Y.U.S.E.I.』っすかね、やっぱり」と、自身が所属する三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの楽曲を挙げた。

これに対し、木下優樹菜は「みんなで前飲みに行った時に、カラオケ行った時に『R.Y.U.S.E.I.』入れたら、いの1番にめっちゃ歌ってた」と明かし、スタジオの笑いを誘った。

続けて、木下が「めっちゃ発散してた。いつも歌えないから」と話すと、ブラックマヨネーズ・小杉竜一も「ランニングマン全然やってなかったもんね」「俺らはやってたけど」とコメント。

さらに、木下が「マイク全然離さなかった」と話すと、NAOTOは「1回でいいから(ランニングマンを)やらない側になりたかった」とコメントして、スタジオは盛り上がりを見せた。

関連記事(外部サイト)