博多大吉、休業期間中にあったTOKIO長瀬との接点とは?「本当に…」

博多大吉、休業期間中にあったTOKIO長瀬との接点とは?「ラジオを聴いてて…」

9月18日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』に、お笑いコンビの博多華丸・大吉が出演。博多大吉が休業していた時期を振り返る場面があった。

【別の記事】博多大吉、“芝生デート”報道後の妻の反応明かす「急に…」

番組で“辞めようと思った時期はあったか?”と質問されると、2人は「いっぱいありますよ」と答える。

大吉は「僕1年休業していた時期があるんですよ」と切り出し、「その時に華丸はFMのDJを始めるんですよ」と自身は活動を休止し、相方の博多華丸だけが活動していた時期があると告白した。

またその華丸のラジオの初回一発目のゲストがTOKIOの長瀬智也であったと明かし、「家でラジオを聴いてて、本当に終わったと思いました。自分は」「あ〜もう無理だ〜」と当時の心境を語った。

その後どうやって復帰したのかを聞かれると、「まぁ色々あって」「こういうご時世なんで言えないです」と濁し笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)