南キャン山里、オードリー若林の誕生日祝うもその反応に「そういうとこなんだよね」

オードリー若林、南キャン山里からのお祝いメールに「そういうところ…」

9月20日、以前放送されていた日本テレビ系『たりないふたり−山里亮太と若林正恭−』の公式Twitterが更新され、話題を呼んでいる。

【別の記事】オードリー若林、蒼井優の南キャン山里“送迎”に驚き「あの男は…」

同番組の公式Twitterにて、「文責若林」と末尾につけられたオードリー・若林正恭のものと思われる「毎年誕生日にメールくれるんだよな。怖いなぁ。でも、そういうところかぁ…」というツイートが投稿された。

さらにその後「文責 山里」と記載された南海キャンディーズ・山里亮太のものと思われる「おめでとうで恐怖を感じられたのは初めてです。なにより若林くん、もう、おめでとうも素直に受け取れなくなってるんだね…そういうとこなんだよね。」という文も更新。これを受け「そういうとこなんだよね。の説得力が5年前とは桁違いだ。文責 若林」とツイートされていた。

同番組の公式Twitterのこれ以前の最終更新は2014年12月となっており、約5年ぶりの投稿に、ファンからは「ビックリした!!」「またおふたりの漫才が見たいです」「ツイートがめちゃめちゃ嬉しい」「ひさびさに見た文責若林の文字」といった驚きの声が集まり、また「お誕生日おめでとうございます」「おめでトゥース」など、若林を祝う言葉も多くコメントされていた。

関連記事(外部サイト)