前田敦子、産後ダイエットの裏でドカ食いしたものを明かす「いくら食べてもいいって」

前田敦子、産後ダイエットの裏でドカ食いしたものを明かす「いくら食べてもいい」

9月19日、TBS系『櫻井・有吉THE夜会』に前田敦子が出演。今年第1子を出産した前田が、産後10キロ以上のダイエットに成功したと明かされる場面があった。

【別の記事】前田敦子、出産で“激変”したこととは?「気づいたら…」

番組では、前田が産後ダイエットとして骨盤矯正整体や長時間のウォーキングなどを行ったことが明かされた。他にも、家では炭水化物を食べないようにして、楽屋で刺身をドカ食いすることがあったと紹介された。

これを受け、前田のマネージャーからは、“映画の撮影の合間にスーパーで刺身を5パック購入し、楽屋に戻ると黙々と全て食べつくした”というタレコミと共に、魚のサク5パックの写真も公開された。

これに、共演者から「すごい量だよ」「いいんですか?」と声があがると、前田は「刺身はいくら食べてもいいって」と通っている整体師からのアドバイスを信じたという上での、個人の見解を語った。

そんな前田は、以前別の番組で、出産を経て“激変”したことがあるとして、「生活の時間は変わりましたね、一気に」と話し、「寝るのがすごい早くなりました」「(子供が)6時半ぐらいに寝てくれるんですよね」「だから私も気づいたら8時半とか…」と明かして、スタジオを驚かせていたことがあった。

関連記事(外部サイト)