キンプリ神宮寺、堂本光一からのアドバイス明かし「好きになっちゃいましたね」

9月23日放送の日本テレビ系『バゲット』に、King & Prince・岸優太と神宮寺勇太が出演した。

【別の記事】キンプリ岸優太、堂本光一に“泣きついた過去”を暴露される

番組では、故・ジャニー喜多川氏の思いを継ぐ伝統の舞台「DREAM BOYS」に出演する岸と神宮寺に、青木源太アナウンサーがインタビューを行う様子が放送された。なお、この舞台は滝沢秀明氏がプロデュースを担当し、演出サポートはKinKi Kids・堂本光一が務めている。

この中で、岸は、堂本からの演技指導で心に残っている言葉として「セリフは歌うように語って、歌う時はセリフのように歌うっていうのは結構深いなと思って」と語った。

また、神宮寺は「光一くんからは、まず最初に『みんなにお芝居をまず好きになってもらいたい』っていうふうに言って下さって」「『千秋楽まで本当に正解が見つからないぐらい、お芝居って奥が深い』って言っていただいて」とコメント。

続けて「『毎日お芝居のニュアンスを変えたりすることによって、新しいものを得られるから、毎日楽しんで、初日を忘れずにやってくれ』って言われて」「もう好きになっちゃいましたね」と語った。これに、青木アナが「舞台の仕事が?」と質問すると、神宮寺は「光一くんです」と答えて笑いを誘い、「改めて大好きになっちゃいました」と語った。

関連記事(外部サイト)