滝沢カレン、明石家さんまとの共演で心がけていることとは?「さんまさんが目を見たら…」

滝沢カレン、明石家さんまとの共演で心がけていることとは?「さんまさんが目を見たら…」

10月5日放送のテレビ東京系『あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ?〜』に、滝沢カレンが出演した。

【別の記事】明石家さんま、滝沢カレンのある発言に驚き「失礼なこと言った覚えはない」

番組の中で、滝沢について“男女問わず好感度が高い”と紹介されると、オードリー・若林正恭は「嫌いって言う人あんま聞いたことないね」とコメント。さらに、滝沢に対して「ずっと好かれ続けるだろうし」と投げかける場面があった。

これに対し、滝沢は「それはテレビの人に感謝です」と話し始め、「こんなに何千本もやってるじゃないですか、テレビって。なのに、一緒のものって1個もない」「それ本当テレビのパワーだと思います」と発言。

また、若林が「『さんま御殿』とかでも、他の人の話も楽しく聞いてて、自分が回ってきて、自分の話みたいな感じでしょ?」と、日本テレビ系の番組『踊る!さんま御殿!!』を例に挙げながら尋ねると、滝沢は「それもそれで良いかもしれないけど、私はできない、それは。『さんま御殿』では」と答えた。

続けて「気楽に過ごしてられないんで」と切り出し、「『いつ目来るんだろう』とか…誰かが(明石家)さんまさんが目を見たら、誰か声を出すっていうの聞いたことがあったんで」「さんまさんの目は絶対あたしは飛ばさない(そらさない)ように…」「だから人の話なんか聞いてられない」と明かし、周囲の笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)