杉咲花、21歳にして母親に怒られて泣く瞬間とは?「ケンカすると…」

杉咲花「21歳です」母に怒られて“泣いた出来事”を明かす

10月7日放送の日本テレビ系『しゃべくり007』に杉咲花が出演し、母親とのエピソードを語る場面があった。

【別の記事】杉咲花、高校時代に木村拓哉から課せられた“罰ゲーム”明かす「赤点取った場合…」

番組の中で、くりぃむしちゅー・上田晋也から「お母さん結構ダメ出しとかされるの?ドラマとかもそうだけど」と質問されると、杉咲は「最初の方はちょっとされてたんですけど、あんまりされなくて。最近」「そしたらすごいあの、ラジオがこなれてきたって言われて」とラジオについてダメ出しを受けたと語った。

また、杉咲は、母親から怒られて泣いたことがあるとして、「『部屋を片付けなさい』って怒られて」「そこから発展していって、『最近のあなたは、こうでこうで…』って言われて、“ああもう、ごめんなさい、ごめんなさい”ってなりました」と説明。

これに、上田が「泣いちゃったの?」と尋ねると、杉咲は「そうですね」とコメント。さらに年齢を確認されると「21歳です」と笑いながら答えた。また、この話は3週間ほど前の出来事だとして「母とケンカするとわりと泣くこと多いですね」と語った。

関連記事(外部サイト)