與真司郎(AAA)×青山テルマのコラボ曲もランクイン!今注目の歌詞ランキング1位はSakiの「Towards Tomorrow」

與真司郎(AAA)×青山テルマのコラボ曲もランクイン!今注目の歌詞ランキング1位はSakiの「Towards Tomorrow」

歌詞検索サービス「歌ネット」が、10月10日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にSakiの「Towards Tomorrow」が輝いた。前週の2位からついに首位へ君臨。彼女は、ライブ配信アプリ『SHOWROOM』での配信を中心に、日々精力的に歌声を届けリスナーを魅了するシンガー。2019年10月30日に同曲でソロデビューを果たす。疾走感のあるナンバーで、芯が強く艶のある高音ボイスが楽曲を引き立てている。困難な現実に直面しても、打開してその先の世界への扉を開こうというメッセージが込められたテーマは、自身の現実も背景に表現されている。

2位には足立佳奈の「面影」が初登場。自身の誕生日となる2019年10月14日にリリースされる配信限定シングルであり、AbemaTV『今日、好きになりました。』の新エンディングテーマとなっている。前作「ひとりよがり」に続きCarlos K.とタッグを組んで制作。歌詞には<君と出会わない人生なら こんなにも悲しく感じないのに>など、恋心がまっすぐに綴られており、この秋冬にぴったりの切ない楽曲に仕上がっている。

3位には、WANIMAの「りんどう」がランクイン。2019年10月23日にリリースされるニューアルバム『COMINATCHA!!』の収録曲であり、昨年の全国ツアーで初披露されて以来、ライブでのみ聴ける新曲としてメンバーが大切に歌い続けてきた楽曲だ。MVでは“群れて咲かずに、土に力強く根を張り色鮮やかな花をさかせるりんどうのように、それぞれが生きていてほしい”という願いを表現するかのように、無数のりんどうで制作された巨大なオブジェの前や大自然の中でパフォーマンスする姿が描かれている。

4位には、與真司郎(AAA)×青山テルマの「好き好き好き」が初登場。2019年10月30日にリリースのニューシングルタイトル曲であり、ファン待望のコラボレーションが遂に実現した1曲だ。與真司郎(AAA)と青山テルマが作詞・作曲を手がけた珠玉のバラードソング。離れて初めて気づいた“あなた”を想う本当の気持ち。あの時、素直になれていれば。後悔してもあの頃の関係には戻れない。誰しもが一度は経験したことのある想いが綴られている。

9位には、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEの「44RAIDERS」がランクイン。2019年10月23日にリリースの1stシングルタイトル曲であり、10月1日から先行配信がスタート。MVでは歌唱力、ダンス、身体能力、ビジュアルというアーティストの潜在能力を測定する4つのテストにメンバーが本気でチャレンジしている姿を表現。改めてBALLISTIK BOYZの魅力とスキルの高さを見せつける映像作品となっている。

【2019年10月10日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 Towards Tomorrow/Saki2位 面影/足立佳奈3位 りんどう/WANIMA4位 好き好き好き/與真司郎(AAA)×青山テルマ5位 かむかもしかもにどもかも!/MONO NO AWARE6位 君の隣にいたいから/SHISHAMO7位 RiGHT NOW/EMPiRE8位 消えない/赤い公園9位 44RAIDERS/BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE10位 Call me/足立佳奈

関連記事(外部サイト)