DedachiKenta、新曲「Life Line」のMVをフル公開

DedachiKenta、LAで撮影した新曲「Life Line」のMVをフル公開

10月2日に配信リリースされたDedachiKentaの新曲「Life Line」のMVがYouTubeにてフル公開された。

同曲は10月30日に発売される1stアルバム『Rocket Science』からのリードトラックで、現在FM802の10月のヘビーローテーションにも選出されている話題のナンバーだ。

ロサンゼルスに暮らし大学生活を送るなか、現地のミュージシャンやエンジニアとアルバムの制作に打ち込む姿や、友人たちとのプライベートショットなどが織り込まれたドキュメンタリータッチの映像作品に仕上がっている。

特にLAの荒涼とした大地やダウンタウンを望む郊外で、灼熱の太陽の下、そして夕陽を背景にエモーショナルに歌う姿は印象的だ。

前デジタルシングル「Ambiguous」のMVに続き、オフィスオーガスタの新レーベル/newborder recordingsと、“ユニフォームの価値を向上させる”というコンセプトを掲げ、服・映像・デザイン・WEBなどメンバーそれぞれの専門領域を活かした横断的なアプローチで注目を集めるUFbyとの共同プロデュースで制作された本作。

監督はUFby所属の新進の若手ディレクター、TAIGA氏が担当している。

DedachiKentaは11月3日の鉄工島フェスへの出演のため来日を果たすが、11月2日にはタワーレコード梅田NU茶屋町店で「ミニライブ&サイン会」を行うことも決定した。

今回のアルバムリリースに際したインストアイベントはこの1本のみとのこと。生演奏を間近に見ることのできる貴重な機会だけにぜひチェックしたい。

関連記事(外部サイト)