中村倫也、突如明かした兄の情報にネット「まさかのお兄さん情報」「余計好きになった」

中村倫也、思いがけず明かした兄の情報にネット「余計好きになった」の声

10月15日深夜放送のテレビ朝日系『バナナマンのドライブスリー』に中村倫也が出演した。

【別の記事】中村倫也、6歳年下の神木隆之介を“母親目線”で心配?「これから寒くなるから…」

番組では、ゲストに中村を迎え、“世間で流行中の遊びをひたすら試しまくる”という企画を放送。

その中で、音楽番組『ミュージックステーション』のCM前に流れる曲を流し、この曲が終わったタイミングで親が誰かを指差し歌手名を宣言。指された人は誰よりも早くその歌手の歌を1フレーズ歌わなければビリビリ罰ゲームが実行されるという“Mステゲーム”を行った。

中村は、親になった出演者が「B’zさん!」と宣言すると、指を指された人物より先にB’zの楽曲『ALONE』の1フレーズを歌いゲームに勝利。しかしスタッフのミスでビリビリ罰ゲームが実行されてしまうという場面があった。

これに対し中村は「君どこの子?」とスタッフに苦笑いを見せ「僕、兄貴がB’zのファンクラブですもん」と明かしスタジオの笑いを誘った。

この流れに対しネットでは「ALONEお披露目」「まさかのお兄さん情報w」「お兄様B’zファンクラブもニヤリ」「余計好きになった」と反響があった。

関連記事(外部サイト)