南キャン山里が「すごいね」と絶賛した若手芸人とは?「自分の世界に持ってって…」

南キャン山里が「すごいね」と絶賛した若手芸人とは?「自分の世界に持ってって…」

10月23日深夜放送のTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』に、南海キャンディーズ・山里亮太が出演した。

【別の記事】南キャン山里、“勝てないなと思った天才”の名前明かし「敵わないよ、あんな人」

番組冒頭、山里は10月20日に開催された「南海キャンディーズ寄席」というお笑いライブについて語り始め、このライブの中で、テンションが高いネタを披露した芸人が2組続いた後に、若手お笑いコンビの宮下草薙が出演したと説明。

続けて「言ったら、動と静じゃない」として、前2組の芸人と宮下草薙は対称的だと説明。さらに「で、どうするよ?と」「(もし自分だったら)『何なんですかこのライブ?』『前にあんなね、場を乱されて』みたいな、そういう系のいじりでいく」と語った。

さらに「宮下草薙っていうのは、ネタに入る前に草薙(航基)くんのね、ネガティブな悩みの吐露?『ん〜…』って悩んでるようなボイスから入ってくわけじゃない」と補足。その上で「いつもの宮下草薙の『いや〜…』がちょっと長めにすることによって、この場に対しての草薙くんの嫌悪感とか…その1文字で処理したのよ」として、会場の空気を変えたと振り返った。

山里は、そんな宮下草薙のテクニックに対して「すごいね」と感心した様子を覗かせた。また、宮下草薙が昨年の同ライブにも出演していたことを振り返り、「今やこんなに大活躍してる」「自分の世界に持ってって、ネタ面白いのばーってやって…」とコメントしていた。

関連記事(外部サイト)