狩野英孝、謹慎時代を振り返り「“ポジション奪われる”みたいなのは…」

狩野英孝、謹慎時代を振り返り「“ポジション奪われる”みたいなのは…」

10月26日放送のテレビ東京系『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』に狩野英孝が出演した。

【別の記事】活動休止中の狩野英孝が勇気づけられた、サンドウィッチマンの“ある行動”とは?

番組で、狩野は「謹慎してた時に」と切り出し、「テレビ見てたら(ANZEN漫才)みやぞんとか」「ポンコツな感じで、しかもなんか歌を歌ったりとかしてるから」と自身と同じようなキャラクターの後輩・みやぞんの名前を挙げて、復帰後に周りから「みやぞんがスゴいからな。気を付けろよ」などの声を掛けられたと明かした。

しかし狩野は「1ミリもなんかこう、“ポジション奪われる”みたいなのは思ってなくて」と振り返り、オードリー・若林正恭から「それは何?自信なのかな?」と聞かれると、「謹慎の時なんか特にそうだと思うんすけど」と前置きし、「オレはテレビからもう離れた人間だから」「ライバルっていうもう目線で見れない」と当時の心境を語った。

そんな狩野は、以前別番組で、活動休止期間に帰郷した地元で見たサンドウィッチマンの番組の中で狩野を思い出させるようなコメントがあったとして「僕は本当に落ち込んでて『世界からもういなくなってしまうんじゃないかなあ…』みたいな、それぐらい落ち込んでる時に名前を出してくれることによって、宮城の方もやっぱり忘れないというか。僕も嬉しいというか」とサンドウィッチマンに感謝している心境を覗かせていた。

関連記事(外部サイト)