戸田恵梨香、朝ドラのため“毎食ご飯1合半”で体重増量「できる限りのことは…」

戸田恵梨香、朝ドラのため“毎食ご飯1合半”で体重増量「できる限りのことは…」

10月26日放送のNHK『土曜スタジオパーク』に、戸田恵梨香が出演した。

【別の記事】ムロツヨシ、戸田恵梨香とのキスシーン振り返り「すごかった…」

番組には、現在放送中のNHK連続テレビ小説『スカーレット』のヒロインを演じる戸田がゲスト出演し、さまざまなトークを展開。

この中で、戸田は同作品での役作りについて「15歳から始まったんですけど、“15歳無理あるだろ”って思って」「(実年齢の)ちょうど半分なんで」と切り出し、続けて「どうすればいいんだろうなと思って、体重増やして」と明かした。

これを受け、他の出演者が「若い10代のパンと弾ける感じを…」とコメントすると、戸田は「そこまでいけないですけど、できる限りのことはやろうと思って」と語り、体重を増やすために、毎食1合半のご飯を食べていたと説明。

さらに「大体(ご飯は)1合ぐらいは食べれるんですよ」と比較的大食いであること、しかし体質的に太りづらいことを明かした上で、「普通に食べてて太れないってことは、じゃあその倍食べなきゃいけないじゃん、っていうので、とりあえず1合半からスタートして」「3〜4ヶ月ぐらいで5キロ増えたんですけど」と語っていた。

関連記事(外部サイト)