Yogee New Waves、4th e.p.リード曲「to the moon」MVが公開

Yogee New Waves、4th e.p.リード曲「to the moon」MVが公開

12月4日に4th e.p.「to the MOON e.p.」をリリースするYogee New Waves。同e.p.のリード楽曲で、既に先行配信もスタートし、テレビ東京ほかのドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」主題歌としても既にオンエアされている「to the moon」のミュージックビデオがYouTubeにて公開となった。

「to the moon」はオリンピックを前にした東京の狂騒へのアイロニーが内包された「別に明日死ぬわけじゃないし ここは東京 いかれた気分さ」という歌詞、「ねえ 月まで行こうか」と歌い、様々な感情を想起させるボーカルなど、東京で生まれ育った角舘健悟(Vo/Gt)が切り取る“今の都市への時代精神”を感じる作品。淡々としつつも有機的なビートに加え、夢見心地なシンセサウンドから生まれるSF感など独特の浮遊感を味わえるサウンドで構成されている楽曲。

そんな同楽曲のミュージックビデオは、映像作家で、Suchmosや水曜日のカンパネラ、宇多田ヒカルなど数々のMVを手掛けており、同時にバンド、yahyelのVJ兼ギター、シンセとして活躍する山田健人氏による作品。Yogee New Wavesとは2017年リリースの2nd AL「WAVES」に収録されている楽曲「World is Mine」以来のタッグとなる。

“月”“東京”という同楽曲の世界観を再現したハリボテのセットの中1カットで撮影されたMVは、美しいライティングはもちろんのこと、航空障害灯の赤いライトが光る高層ビル群をバックに歌う角舘健悟(Vo/Gt)の画から、Yogeeらしい遊び心・少年らしさを感じさせる圧巻のセットチェンジの後、ざらっとした地面や隕石、背景に浮かぶ地球などまさに月面を思わせる空間での演奏シーンへ移り変わり、目が離せない映像となっている。

先日発表した全9曲のライブ音源が収録される特典CDがもらえる早期予約キャンペーンや、4th e.p.「to the MOON e.p.」のリリース日である12月4日に開催、現在絶賛チケット発売中となる“Yogee New Waves presents Dreamin’ Night vol.6”など詳細はオフィシャルHPまで。

【山田健人氏コメント】

いつまでも少年のこころを持った、ちょっぴり大人な男たちと一緒に月を目指してみたらこうなりました。MVってこういうことですよね。

関連記事(外部サイト)