オードリー若林、ある中学生の母親から言われた“驚きの言葉”を明かす「俺のマネしてて…」

オードリー若林、ある中学生の母親から言われた“驚きの言葉”を明かす「俺のマネしてて…」

10月29日放送のフジテレビ系『セブンルール』にオードリー・若林正恭が出演した。

【別の記事】若林正恭が明かす、“オードリーあるある”とは「春日はね…」

番組の中で、若林は「この間、中学2年生の男の子が『若林になりたい』つって、喋り方も服もなんか俺のマネしてて」「それを『なんとかやめさせたい』って母親が出てきたことがあるんです」と明かした。

若林がその母親に理由を尋ねると、「千鳥さんとか、みんなに人気の人ならわかるんですけど」「なんで今オードリー若林さんだって私は思うんですよ」と言われたと語った。

共演者から「でも継承してるんですね。若林さんを」とコメントされると、若林は「誰を継承してんだって話ですけども」と話し、笑い声をあげた。

関連記事(外部サイト)