南キャン山里、千鳥・大悟の男気と“直してほしいところ”を明かす「出会ってからずっと…」

南キャン山里「出会ってからずっと」抱いている、千鳥・大悟の“直してほしいところ”明かす

10月29日放送のテレビ朝日系『ロンドンハーツ』にVTR出演した南海キャンディーズ・山里亮太が、先輩芸人である千鳥・大悟とのエピソードを語る場面があった。

【別の記事】千鳥・大悟、“吉本の借金王”だと明かされ「マジで首が…」

番組では、大悟が山里を売れない頃から可愛がっていたと紹介され、山里は当時について「僕らが一緒につるんでる頃、大悟さん、先輩だけどお金なんかなくて。ほとんど」と切り出した。

続いて、自分や大悟の後輩にあたる芸人たちが賞を獲ったりオーディションに受かったりすると、大悟は口癖のように「お前ら運エエな!」「今日たまたま金入ってん」「寿司行くぞ」と言ってくれたと語った。

しかし「大体そのお金、全部借金だったんですよ」として、大悟が借金までして後輩を食事に連れて行ってくれたと語り、「僕ら後輩はみんな、初めての賞金で大悟さんに飯をおごるっていうのが僕らの目標だったんですよ」と明かした。

また、山里は、大悟の“直してほしいところ”について「むちゃくちゃちっちゃいのしかないなぁ」と前置きした上で、「出会ってからずっと僕のこと“ヤマザト”って呼ぶんですけど」「俺、“ヤマサト”なんですよ」と語り、スタジオは笑いに包まれた。

関連記事(外部サイト)