TOKIO・国分太一、中川大志らとの“意外な接点”に驚き「全員ニューヨークで…」

TOKIO・国分太一、中川大志らとの“意外な接点”に驚き「全員ニューヨークで…」

10月30日放送のTBS系『世界くらべてみたら』にTOKIO・国分太一、渡辺直美が出演。ゲストに中川大志、松下由樹を迎えて、さまざまなトークを展開した。

【別の記事】TOKIO国分太一、ビートたけしから受けた評価に「めちゃくちゃ嬉しかった」

この中で、中川がこれまで行った中で1番感動した海外の場所はニューヨークだとして、「初めて行ったのは小学校6年生」「親戚が住んでて、おじさんの家に遊びに行って、いろいろ…舞台観たりとか」と明かした。続いて、松下が初めて海外に行ったのは高校生の時だと話し、「ロスに行ってニューヨークにも行ったんですけど」「ダンスのクラスを受けに」と語った。

すると、国分もニューヨークにダンスレッスンを受けに行ったことがあると明かし、「ブロードウェイダンスセンター?」とマドンナをはじめ数多くのアーテイストを輩出したとされる名門スクールの名前を出すと、松下は「そうです!そうです!」と回答。

これに渡辺も「私も行ったことあります」と明かし、さらに中川も小学校6年生の時にニューヨークでダンスを習ったことがあると話して、周囲を驚かせた。

この一連の流れに、国分は「全員ニューヨークで踊ってるよ!」「こんな接点あります?」「ニューヨークでダンスレッスンを受けていた4人」とコメントし、現場は盛り上がりを見せた。

関連記事(外部サイト)