菅田将暉、“国宝級イケメン”の次は“世界遺産級”狙い?「いつだって僕は1番がいい」

菅田将暉、“国宝級イケメン”の次は“世界遺産級”狙い?「いつだって僕は1番がいい」

11月25日深夜放送のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』に菅田将暉が出演。雑誌『ViVi』が発表した、2019年下半期の「国宝級イケメンランキング」についてコメントした。

【別の写真】菅田将暉、中学1年生頃の貴重な3兄弟ショットが公開で「かっこよすぎやろ!」「中学生でこのビジュアル」

番組の中で、菅田は同ランキングの1位にKing & Prince・平野紫耀が選ばれたことに言及し、「そりゃそうでしょ、うん」と納得している様子を覗かせた。

続けて、自身は2017年上半期の同ランキング1位に選ばれていることに触れ、「僕はまだ言いますよ」「言い続けますよ」と話したが、「選ばれた人の中でさ、こんなにずっと言ってるの俺だけちゃう?」「いい加減そんなん気にすんなや!っていう感じですけれどもね。どうしても触れてしまうんですよ」とコメントして、周囲の笑いを誘った。

さらに「いつだって僕は1番がいい。あなたの1番じゃなきゃ嫌だ…それが菅田将暉でございます」と話し、「こっからはもう国を超えて“世界遺産級イケメン”をね、目指していきたいわけです」「次のステップはそこですけど…どうですか?もうちょっと鼻を高くしたらいいですか?」と冗談交じりにコメントして、笑い声をあげた。

関連記事(外部サイト)