片寄涼太「泣いたのあの時だけ…」白濱亜嵐がEXILEに選ばれた瞬間を振り返る

片寄涼太「泣いたのあの時だけ…」白濱亜嵐がEXILEに選ばれた瞬間を振り返る

11月25日深夜放送のTBS系『週間EXILE』に、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが出演。デビュー7周年を迎え、グループの軌跡を振り返った。

【別の記事】GENERATIONS片寄涼太『3年A組』朝礼体操の反響に心境吐露「めちゃくちゃイヤ」

この中で、2014年、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーから、白濱亜嵐と関口メンディーがEXILEの新パフォーマーに選ばれた際の映像が紹介された。

これを受け、数原龍友は「僕らもイチお客さんで見てる感覚だったから」「ステージに誰が出てくるかまでわかんない状態でさ」と振り返り、「(ステージの)隙間から見てたの。亜嵐くん、目の前でばっと出てきて『うおっ!』って言っちゃった」「チームメイトからEXILEが生まれたっていう」「誇らしく思った」と当時の心境を語った。

また、片寄涼太は「俺も人のことで泣いたのあの時だけっすね」と明かし、「亜嵐くんが出てきて」「『EXILEになりたい』って言ってた人がEXILEになったんだっていう瞬間が…」「それこそ絶対バカにもされただろうし…地元の友達(に)『そんなの無理だろ』って言われてきただろうなっていうのが全部感じて、ふって泣きました。あの時だけは」と振り返った。

2人のコメントを受け、関口が「メンディーは?」と尋ねると、片寄は「メンディーってEXILEになったんでしたっけ?」と返し、関口は「ふざけんな!」とツッコミを入れて、周囲の笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)