寛一郎、父・佐藤浩市に連れて行かれた撮影現場での木村拓哉との思い出を明かす「あんなかっこいい人…」

寛一郎、父・佐藤浩市に連れて行かれた現場で木村拓哉に遊んでもらった過去を振り返る「あんなかっこいい人…」

11月30日、TBS系『王様のブランチ』に寛一郎が出演し、木村拓哉との思い出を語るシーンがあった。

【別の記事】木村拓哉、後輩が明かしたライブ前の“カッコイイ”行動「すごい…」

番組では木村拓哉が主演を務める、日曜劇場『グランメゾン東京』に出演する寛一郎がゲストとして出演。その中で「寛一郎さんは木村さんが初対面じゃなかったと」と、木村と寛一郎はこのドラマでの共演が初対面ではなかったことについて触れられた。

それに対し寛一郎は「そうですね。幼い頃になんかよく撮影現場に行かせてもらってた時に…」と、父である佐藤浩市に連れて行かれた現場で木村と会っていたと明かし、「何度か、3回くらいお会いしたことがあって」と話した。

出演者から「覚えてるの?」と聞かれると「覚えてます」と言い「もう、だってあんなかっこいい人見たことないですもん」「めちゃくちゃ遊んでもらって」と木村との過去の交流を話した。

関連記事(外部サイト)