三四郎・相田、上沼恵美子から“めちゃくちゃ怒られた”過去を告白「蓋開けたら…」

三四郎相田、上沼恵美子から“めちゃくちゃ怒られた”過去を告白「蓋開けたら…」

11月30日放送のテレビ東京系『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』に、三四郎の相田周二と小宮浩信が出演した。

【別の記事】菅田将暉、日本アカデミー賞の裏話明かし、三四郎・相田とは「良い思い出がない」

番組では、ゲスト出演した三四郎の“気になる発言リスト”の中から「『レディーファーストって、もうそろそろよくないですか?』っていう提案をしたら、上沼恵美子さんにめちゃくちゃ怒られた」という内容が取り上げられた。

これを受け、相田は「僕なんですけど」と自身の経験であることを切り出し、以前関西の番組に出演した際、“こういうことはやめてほしい”というテーマでトークを求められたと話し始めた。

続けて「“レディーファーストを強要してくる女性、もう良くないですか?”みたいな意味で、『レディーファーストってもうそろそろ良くないですか?』って1番最初に言ったんですよ。その後に『こういうふうに強要してくる女性とかいるじゃないですか』っていう話をしようと思って」と説明。すると、上沼から「あんた名前なんて言うん?」と聞かれ「相田です」と答えたところ、「相田、覚えとくわ」と言われたという。

相田が「ちょっと怖かったですね」と振り返ると、相方の小宮は「打ち合わせの時に『これ上沼さんにかなりサンドバッグみたいにボコボコにされるよ』って言われたんです」「蓋開けたら、マウントになってボッコボコ」とコメントし、周囲の笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)