嵐・相葉雅紀、SNS解禁に込めたファンへの思いを語る「どうしたらみんなの近くに…」

嵐・相葉雅紀「大事に一日一日…」活動休止発表を経て、ファンへの思いと意気込み語る

12月4日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』に、嵐・相葉雅紀が出演した。

【別の記事】相葉雅紀、嵐全員で行った箱根旅行を語りファン歓喜「ほっこり」「仲良しすぎ」

番組では、嵐が11月3日のデビュー日を皮切りに、TwitterやInstagramなどの各種SNSを解禁したという話題が取り上げられた。これに対し、相葉は「休止をするって今年の1月に発表してから、どうしたらみんなの近くにもっと感じてもらえるかな、っていうののひとつで、SNSの解禁をしたんですけど」とコメント。

さらに「膨大なコメントきますけど、やっぱ見ますよ」「見て、“あーこういうふうに思ってくれてんだ”とか」とファンの反応への嬉しさを覗かせ、「空き時間、だから携帯触る時間がめちゃくちゃ長くなった」と明かした。

また、SNS解禁の他にも、活動休止の発表など、さまざまな発表があった2019年を振り返り、相葉は「怒涛でしたね」「準備してたものがみんなに発表できた年っていうか」「駆け抜けた1年、という感じですかね」と発言した。

そして「(ファンに)気持ちが伝わってほしいなと思いますけどね」「伝わるように僕ら頑張らないといけないし、いろんな新しいことにもチャレンジしつつ、大事に一日一日過ごしながら、みんなに届けていけたらいいなあと思いますけどね、気持ちを」と意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)