THEイナズマ戦隊、新曲「リーダー論争」が1月スタートドラマ“課長バカ一代”の主題歌に決定

THEイナズマ戦隊、新曲「リーダー論争」が1月スタートドラマ“課長バカ一代”の主題歌に決定

バンド結成22年目を迎えるTHEイナズマ戦隊の新曲「リーダー論争」が、1月12日(日)よりスタートするBS12 トゥエルビ“課長バカ一代”の主題歌に決定した。

“課長バカ一代”は、野中英次によるギャグ漫画『課長バカ一代』(講談社刊)が原作で、家電メーカー「松芝電機」の社員で、「課長補佐代理心得」というよく分からない肩書きを持つ主人公「八神和彦」とその部下たちが繰り広げるコメディドラマ。

メンバー全員40代に突入しても全くもって落ち着かず、年間100本近いライブを行い、がむしゃらに走り続けるズッコケバンド THEイナズマ戦隊ならではの1曲が見事ドラマとマッチした。

また、「リーダー論争」は2020年1月1日(水)より配信シングルとしてリリースされることが決定。昨年1月にリリースしたアルバム「I love U」以来、1年ぶりの新曲リリースとなる。

 

【Vo.上中丈弥 (THEイナズマ戦隊)からのコメント】

今回ドラマ「課長バカ一代」の主題歌にTHEイナズマ戦隊の「リーダー論争」を使って頂く事になりました。

どうしようもないくらい、天然でバカな男の歌を作ろうと、幼馴染でありバンドメンバー兼リーダーのベース中田俊哉をモチーフに作った楽曲が見事に採用される事になりました。

どうしようもなく天然でバカなのですが、全くもって憎めない男でして。ただ月に一回は本気でブチ切れしそうになるけど、それでも憎めない(笑)鈍感力こそ人生をサバイブする最高の武器なのかもな、と彼とドラマの主人公を見て感じております。

「課長バカ一代」そして「リーダー論争」皆様の力にして下さい。

関連記事(外部サイト)