神木隆之介、子どもの頃から芸能活動をしていてよかったこと明かす「無意識のうちに…」

神木隆之介、子どもの頃から芸能活動をしていてよかったこと明かす「無意識のうちに…」

12月10日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』に、映画『屍人荘の殺人』に出演する神木隆之介と浜辺美波が登場した。

【別の記事】神木隆之介、初キスシーンの年齢に驚き「すげーな」

番組では、神木と浜辺が、さまざまな質問に対してマルかバツで答えていくというコーナーが放送された。この中で、子どもの頃から芸能活動をしている2人に対して、「子どもの頃からこの仕事をしていて良かった?」という質問が出された。

これに対し、神木はマルの札をあげて、「子どもなので、意識的じゃないですけど、無意識のうちに先輩・共演者の方々(を)目の前にして演技が見れるというか、特等席というか」「得しているな、って」と回答した。

また、浜辺もマルの札をあげ、「私、元々器用な方じゃなくて」「小さい頃からこの仕事やってなかったら、この年とかになって“この仕事やりたい”と思って始めても、年齢を重ねるまで、自分の思い通りに体が動かなかったと思うんですけど」「小さい頃からやってたことによって、ちょっとは体に染み付いて、有利な部分があるのかなと思うと、不器用だからこそ、やっててよかったなと思います」と語った。

関連記事(外部サイト)