ATOM TOKYOの人気女性DJ KEIKOが、ファン待望の4枚目のシングルをリリース

ATOM TOKYOの人気女性DJ KEIKOが、ファン待望の4枚目のシングルをリリース

日本のみならず、早くもアジア圏のClubでオンエアされているDJ KEIKO話題の新曲「NEON SKIES feat. CAROLYN MINX」が12月9日(月)に世界配信された。

ATOM TOKYO初の女性レジデントDJを務め、日本のみならず年間300本以上の“DJをプレイする“DJ KEIKO”が4枚目のシングル「NEON SKIES feat. CAROLYN MINX」をリリースした。

世界で流行している“フューチャーベース”という新しいサウンドを取り入れた今作は、疾走感溢れるメロディックな1曲に仕上がった。

Future Bass(フューチャーベース)とはEDMというジャンルで括られるダンスミュージックの中で、近年日本でも急速に注目を集めはじめたジャンル。機械的で未来を感じさせるシンセベースにシンセサウンドや独特なボイスサンプルを乗せた、新世代のクラブミュージック。MarshmelloやZeddなどの有名DJをはじめ、Perfumenの楽曲にも取り入れられるほか、映像関係の人にも注目を浴びている。

関連記事(外部サイト)