IKKO、バラエティ番組への出演を続ける理由とは?「パニック障害になってしまって…」

IKKO、バラエティ番組への出演を続ける理由とは?「パニック障害になってしまって…」

12月11日深夜、テレビ朝日系『すじがねファンです!』にIKKOが出演した。

【別の記事】IKKO、自身のすっぴん姿に言及「普通にしてたら…」

番組では今回、IKKOのファンが登場し、出演者と共にIKKOの経歴などについてトークを展開する企画が行われた。

この中で、ファンがIKKOに対して「IKKOさんにはいつも綺麗な姿のままでいてほしいので、正直、バラエティ番組で雑にイジられている姿は見たくないです。落とし穴に落とされたりして、めちゃくちゃにされているのを見ると胸が痛みます」「できれば、そういうお仕事は今後控えていただけませんか?」といった要望を伝える場面があった。

しかし、この要望をIKKOは“叶えられない”と回答。その理由について「39歳の時にパニック障害になってしまって、ずーっと笑えなかったんですよ」と話し始めると、「テレビに出させていただけるようになった時に、多くの先輩たちが可愛がってくれてね。イジられてるんだけど、愛があるからね。なんか、私的には億劫にならないんですよね」と、番組での“イジり”についての自身の気持ちを伝えた。

さらに「皆さんが優しくって、免疫力が上がっていって、私にとってはすごい健康的」と続けると、番組MCの今田耕司は、“バラエティでのIKKOに元気をもらった人もいる”とファンに声をかけつつも、「落とし穴作ってもね、あんな風に落ちれないんですよ」「芸人も『もうIKKOとはちょっとやりたくない』って」とIKKOのバラエティでの活躍についてコメントし、周囲の笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)