片寄涼太「今の仕事をするとは思ってなかった」デビュー前のエピソード明かし驚きの声

片寄涼太「今の仕事をするとは思ってなかった」デビュー前のエピソード明かし驚きの声

12月11日、フジテレビ系『2019 FNS歌謡祭』に片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出演した。

【別の記事】片寄涼太、LDH内の“先輩後輩”事情を明かす「おごってもらってたんで」

歌唱前のトークにて「片寄さんの思い出の1曲を教えてください」といった質問が投げかけられると、片寄は「僕の思い出の1曲は、EXILEさんの『I Believe』という曲です」と自身の思い出の楽曲を紹介。

司会者から楽曲にまつわるエピソードを聞かれると「この曲は僕が中学生の頃に出た曲なんですけど、すごくその頃大ファンで」「今の仕事をするとは思ってなかったんですけど、同級生からサイン入りのCDを譲ってもらったのがすごい思い出に…」と話し、サインの入ったCDを当時のエピソードと共に披露した。

これを受けて司会者が「すごい!同級生もよく譲ってくれましたね」とコメントすると、片寄は「そうなんですよね、僕の熱意に負けたのか」と当時を振り返り、周囲の笑いを誘っていた。

関連記事(外部サイト)