Chris LakeやAdam Beyerにもサポートされて勢いにのるプロデューサー・Will Clarkeが再び来日

Chris LakeやAdam Beyerにもサポートされて勢いにのるプロデューサー「Will Clarke」が再び来日

12月21日(土)のEDGE HOUSEには、Chris LakeやAdam Beyerのサポートも受け、自身のレーベルも立ち上げ勢いにのるプロデューサー・Will Clarkeが再び来日する。

ブリストル出身で髭がチャームポイントのWill Clarkeは、幼少期からダンスミュージックを聴いて育ったのちにDJや制作を始め、2017年にリリースしたトラックのヒットで注目を浴びた。その後は、Claude VonStrokeの「Dirtybird」、Adam Beyerの「Truesoul」、Green Velvetの「Relief」、Dens & Pikaの「Knealed Pains」からヒットをリリースをし続けている。

Adam BeyerやPhantomsの曲のリミックスも手掛け、2020年には自身のレーベル「All We Have Now」を立ち上げ、ボーカルをフィーチャーしたテクノをリリース予定。

来年に北米でのレーベルローンチツアーを控え絶好調のWill Clarke。

先日開催された渋谷PARCOでのルーフトップパーティも大盛況で、内装も新たに進化した「EDGE HOUSE」に是非一度来場してみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)