乃木坂46・白石麻衣、今年のライブ中のトラブルを振り返る「衣装が壊れてしまって…」

乃木坂46・白石麻衣、今年の“やらかし”を明かす「衣装が壊れてしまって…」

12月15日放送の日本テレビ系『シューイチ』に、乃木坂46・白石麻衣がVTR出演した。

【別の記事】乃木坂46・白石麻衣、“男性として好き”な芸能人を告白

番組の中で白石は、今年の“やっちまった事件簿”として「ライブ中に衣装が壊れてしまって」と切り出し、「自分の歌割りじゃない時に、ダッシュではけて30秒くらいで着替えてすぐ出てきたんですけど」と明かした。

これに秋元真夏が「すごいかっこいいのが」と前置きし、その後メンバーが列を作り、左右に分かれたところで白石が出てくるという振り付けがあったが、「そこまでに戻ってきたんですよ。パッと開いたら、気づいたらいるんですよ」と次のパフォーマンスまでに戻ってきたと補足。続けて、「みんな『(列が)開いた後、どうするんだろう』みたいな。『誰か入るの?』みたいな、そういう空気感を感じてたんですけど」と当時の状況を語った。

これに他のメンバーが「誰か入る?っていうのには、なってなかった」とツッコミを入れ周囲の笑いを誘い、秋元はこれに「私全然入ろうとしてたよ」「あそこ取れるのは、今だ!と思った」と話していた。

関連記事(外部サイト)