「穴があったら入りたい」渡辺直美、“紅白歌合戦”の思い出を語る

「穴があったら入りたい」渡辺直美、紅白歌合戦の思い出を語る

12月14日深夜放送のNHK『シブヤノオト』に、渡辺直美が出演した。

【別の記事】「怖っ」渡辺直美、ある“ファンレター”の内容明かしスタジオ騒然「私ともう…」

番組内の出演者の印象に残っている『紅白歌合戦』を紹介するコーナーで、渡辺は2017年に放送された石川さゆり『津軽海峡・冬景色』について語る場面があった。

2017年の『紅白歌合戦』について、石川の歌唱が最後の方だったとして、出演者らはステージの端に集まっていたと説明。続けて、「私その時、『楽屋トーク』っていうネットの裏の番組出てて、ずっと小さい部屋に閉じ込められてネット配信してて」「初めてこの舞台上で出演者の方の生歌を聴いて、石川さんもう圧巻過ぎて」と振り返った。

また渡辺は、この時レディー・ガガに扮していたとして、「石川さゆりさん、もう素晴らしい歌声で。私はもう『すごい』ってなってる中で、この格好で今、このステージにいるのやだって…」と語り、「ステージ上で恥ずかしくて恥ずかしくて」「穴があったら入りたい」と当時の心境を明かした。

関連記事(外部サイト)