オードリー若林、結婚公表前の心境を明かす「肩身狭かったんですよ」

オードリー若林、結婚前の心境を明かす「肩身狭かったんですよ」

12月17日放送のフジテレビ系『セブンルール』に、オードリーの若林正恭が出演。自身の結婚について語る場面があった。

【別の記事】オードリー若林を春日の妻が誘惑?二人きりの時にとった“ある行動”を明かす「すごい脚を…」

若林は、「俺も肩身狭かったんですよ」「よく質問で“パートナーは?”みたいな質問あるじゃないですか」と切り出し、そういった質問には“いない体”で対応していたと明かした。

続けて「ただこの番組は本当に僕、良かったですね」「みなさん(共演者)が結婚生活に夢を持つような話はしないじゃないですか」と話し、共演者からはリアリティある話が聞けるため、いろんな質問をしていたと明かして周囲の笑いを誘った。

また、妻との結婚は運命的なものというよりは、いきなり生活が始まったとして「“これでいいのか?”と思ってて、(共演者)3人の話とか聞いてて、“あ、これでいいんだ”って」と共演者らの話が後押しにもなったと語った。

関連記事(外部サイト)