EXILE AKIRA、妻・林志玲とは“長い友人期間”を経て結婚「お互いが支えになった部分が…」

EXILE AKIRA、妻・林志玲とは“長い友人期間”を経て結婚「お互いが支えになった部分が…」

12月19日放送の日本テレビ系『バゲット』に出演したAKIRA(EXILE/EXILE THE SECOND)が、自身の結婚について語った。

【別の記事】EXILE AKIRA、本名と偽名を明かし反響「芸名って知らなかった」

番組では、AKIRAが今年6月に台湾の女優・林志玲(リン・チーリン)と結婚したことが紹介された。なお、2人は、2011年に舞台『レッドクリフ-愛-』で共演したことが、出会いのきっかけだったという。

AKIRAは、妻の初対面の印象について「当時、映画『レッドクリフ』が話題になってましたから、映画の小喬(林志玲が演じた役)が出てきたって感じのイメージでしたけどもね」と振り返り、「舞台中はね、みんな心身共に削って作品作りに打ち込んでましたから」「一緒に作品を作ったっていうのは、ひとつ強い絆を生んだきっかけではあったのかなと思います」と語った。

さらに、“どちらからアプローチをしたのか”という質問については「すごい濃い舞台の稽古時間とかを過ごさせてもらって」「夫婦役ですから、役の名残っていうのはあったのかなと思うんですけど」とコメント。また「舞台後に改めてお互いがコミュニケーションをとる機会が多かったので」「時にはいろいろ大変な時もあったんですけども、そういった時にお互いが支えになった部分があったので」とも話した。

これを受け、他の出演者から「友人関係の期間がけっこう長かった?」と質問されると、AKIRAは「長かったですね」「向こうもいろいろと海外で活動しますし、僕らもね、EXILEっていうグループでやってますから、なかなかスケジュールが合わなく…遠距離恋愛だったんですけども」と明かしていた。

関連記事(外部サイト)