Shohei Takagi Parallela Botanica、1st Album「Triptych」のジャケット写真、アルバム収録曲、特設サイトが公開

Shohei Takagi Parallela Botanica、1st Album「Triptych」のジャケット写真、アルバム収録曲、特設サイトが公開

ceroのフロントマン高城晶平によるソロプロジェクト“Shohei Takagi Parallela Botanica“(読み:ショウヘイ タカギ パラレラ ボタニカ)が4月8日にリリースするファーストアルバム「Triptych」(読み:トリプティック)のジャケット写真、収録曲などアルバムの詳細が公開となった。

今回リリースされる「Triptych」は、Shohei Takagi Parallela Botanicaにとって初めての音源作品で、“三連祭壇画“を意味するタイトルの通り、3曲3部構成の全9曲が収録されるコンセプチュアルなフルアルバム。レコーディングには、光永渉、秋田ゴールドマン(SOIL & PIMP SESSIONS)、伴瀬朝彦、ハラナツコ、中山うり、角銅真実、高田漣、武嶋聡、松井泉、田島華乃といった豪華ミュージシャンも参加、共同プロデューサーには、ceroのシングル「街の報せ」収録の「ロープウェー」でもビートプログラミングを担当したSauce81を迎えて制作されている。

初回生産限定盤には、DVD「Triptych interview and gig」を付属。今プロジェクトでの初ライブとなった渋谷クアトロ(「カクバリズム presents Quiet Spark #3」)、フジロック’19でのライブ映像のほか、今映像作品のために撮り下ろされた弾き語りによるパフォーマンス、高城自身がShohei Takagi Parallela Botanicaや、「Triptych」について語ったインタビュー映像などで構成された大関泰幸による映像を収録。

ジャケットなどアートワークはリリース告知と合わせて公開された新アーティスト写真と同様、撮影を廣田達也、デザインを上山悠二が担当している。初回盤のジャケットはクリアシートを用いた特別な装丁が施されたレイヤーシート仕様となる。(実物写真・詳細は追って公開予定)

購入者特典もあわせてインフォメーションされており、Amazon.co.jpではデカジャケット、TOWER RECORDSではオリジナル・ステッカーシート、セブンネットではオリジナル木製キーホルダー、その他対象店舗ではオリジナルポスターが先着でプレゼントされる。特典のビジュアルは後日公開予定。

あわせてアルバム「Triptych」の特設サイトも公開された。前出のアートワークやアルバムの収録内容に加えて、音楽ディレクター・ライターの柴崎祐二によるライナーノーツも掲載されており、いち早く「Triptych」の世界を覗くことが出来る。

また、4月17日に大阪梅田シャングリラ、25日に東京渋谷WWWXにて開催のリリースを記念した東阪のライブ『”Triptych” Release Party』のチケット一般発売が3月7日(土)より開始されている。

※高城晶平の「高」は、はしごだか

関連記事(外部サイト)