豪華メンバー集結バンド「クレイユーキーズ」、音源「世界から音が消えた日」を初リリース

豪華メンバー集結バンド「クレイユーキーズ」、音源「世界から音が消えた日」を初リリース

「クレイユーキーズ」が5月18日、ゲストヴォーカルにDAZBEEを迎えたオリジナル曲「世界から音が消えた日」を音源、MV同時で初リリースする。

このバンドは4年間に渡りフェスなどに出演。その時々に合わせて豪華かつ変幻自在にメンバーを変え、オリジナル曲、洋楽のカバーほか、本人たちの持ち曲であるキマグレン「LIFE」やAqua Timez「虹」などで観客を盛り上げ「まるでアベンジャーズのよう!」と呼ばれ音楽玄人からも愛されてきた。

その中心メンバーは元キマグレンのクレイ勇輝、2019年のNHK紅白歌合戦AI美空ひばりの「あれから」の作曲を担当したKafu Sato、元Aqua TimezのOKP-STARなどになる。活動スタイルは名だたるメンバーがその時々で入れ替わるコミュニティー系バンドである。

クレイユーキーズのファーストシングルである「世界から音が消えた日」には、クレイ勇輝、Kafu Sato、杉本雄治(WEAVER)、真船勝博が参加し、女性ボーカリストDAZBEEをフィーチャーした楽曲となる。

制作途中に起こったコロナショックによる世界の変化を受けて作られたメッセージソング。穏やかに、それでいて力強く語られるクレイ勇輝のカタラップ(語り&RAP)と、爽やかに吹き抜ける風のようなDAZBEEの歌声が、混沌とした今を生き抜くための希望を優しく照らし出す。

MV、ジャケットのアートワークを手がけたbanishmentよりコメントも到着した。

【Music Video / 絵師 banishmentコメント】

今、世界は大きく疲弊しているのではないか。そんなことを最近よく考えてしまいます。日常はひょんなことから一瞬で様変わりしてしまう。だからこそ、今この瞬間の輝きを見失ってはいけないのだろうと思います。この作品では音が消えた世界を表現しながら、そんな世界でも見える微かな光を描いています。今後も、暗い世界の中で、光を見つけた感動のようなものを、映像を通して表現していければな、と思います。

■DAZBEE プロフィール

韓国人女性ボーカリスト。2012年より動画共有サイトにてボーカロイド楽曲の歌ってみた動画の投稿を開始。その存在感と説得力のある圧倒的な歌声のため、よもや海の向こうから届けられたとは思われず、ダブルで衝撃を与えることとなった。独特な倍音と圧倒的な歌唱力、多彩な表現力の持ち主である。

■banishment プロフィール

イラストレーター・映像作家。暗い色調と相反した光、緻密な描き込みを特徴としたイラストなど、独特な世界観と物語を媒体を問わず描く流れもの。自主制作アニメーション「片道切符の夢」がASIAGRAPH 2018年度 第2部門で最優秀賞を受賞した。

関連記事(外部サイト)