ラン・ラン、デジタルEP『PIANO BOOK EP: AROUND THE WORLD』をリリース

ラン・ラン、デジタルEP『PIANO BOOK EP: AROUND THE WORLD』をリリース

4月にレディー・ガガがキュレートした「One World: Together At Home」で、レディー・ガガ、セリーヌ・ディオン、ジョン・レジェンド、アンドレア・ボチェッリと共演するなど、クラシックの枠に収まらない世界的活躍を続けているスーパースター・ピアニストの“ラン・ラン”。

そんな彼が、世界中のファンへの敬意と感謝の気持ちを込めて、旅行によって再会を果たせない今、世界中の有名な音楽で世界を繋ぐためデジタルEP『PIANO BOOK EP: Around the World』を発表した。

このEPは昨年発表され世界中で大ヒットを続けるアルバム『ピアノ・ブック』の続編。『ピアノ・ブック』は、誰でも口ずさめるクラシックの超定番曲、ピアノ学習者のベーシック・レパートリー、世界各国のメロディをコレクションしたピアノを愛する全ての人に捧げたピアノ名曲集だ。

収録内容はスペインの作曲家アルベニスによる異国情緒溢れる《スペイン組曲》からの「カディス」、エジプト・ポピュラー音楽の父と呼ばれるダルウィーシュの「ナイル川岸の歌」、ボサノヴァの名曲「イパネマの娘」、インド民謡「ナーナ・マーラ・ハース」、ママ・アフリカと呼ばれる南アフリカのグラミー・ウィナー、ミリアム・マケバの「パタ・パタ」の5曲を収録。ジャンルを超えた音楽の素晴らしさをピアノを通して伝えている。

『ピアノ・ブック』の補完という意味では、アルバムには一つの楽章しか収録されていなかったピアノ学習者には定番の教則本ソナチネ・アルバムに収録されている「モーツァルト:ピアノ・ソナタ第16番」の全曲を5月22日に、「クレメンティ:ソナチネ作品36の1」の全曲を5月29日に、それぞれデジタル・シングルとして発売している。

関連記事(外部サイト)