福井晶一、自身初のトーク&ライブ「It’s Sho-Time」Vol.1をオンライン上で初開催

福井晶一、自身初のトーク&ライブ「It's Sho-Time」Vol.1をオンライン上で初開催

ミュージカル俳優の福井晶一(ふくい・しょういち)が、7日、所属事務所が運営する、オンライン型演劇場・浅草九劇で、自身初のトーク&ライブ「It's Sho-Time」Vol.1をオンライン上で開催した。

同イベントは、福井がホストとして、毎回ゲストを迎え、プライベートトークやミュージカル曲を中心としたライブなど、普段聞けないトークやライブを繰り広げる、配信型のオンラインイベント。チケット購入者は、指定のURLにアクセスし、開演時間と同時に、各々のパソコンや携帯電話などで参加する。

今回のイベントは、画面内にチャット機能が搭載され、参加者はオンライン上で福井にエールを送ることができた。

イベント冒頭、会場内に音楽が流れた後、福井がステージに登場。同劇場がオンライン型演劇場としてリニューアルしたことを歌でファンに届けた。その後、実際に会場内の配信設備を紹介する場面も見られ、オンライン上で参加するファンは、会場内の雰囲気も味わうことができた。

1曲披露した後は、ゲストとして、同じくミュージカル俳優として活躍する坂元健児(さかもと・けんじ)が登場。劇団四季時代の同時期に活躍した2人の2ショットということもあり、画面上に2人が映ると、貴重な2ショットに、チャット上ではファン同士が盛り上がりを見せた。

福井が坂元のプロフィールを紹介しながら、トークを繰り広げる場面では、坂元の劇団四季時代の出演作『美女と野獣』や『ライオンキング(初代の主役シンバ)』だけでなく、退団後の『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』時のエピソードなど、普段なかなか聞けない2ショットトークが繰り広げられた。

その後、坂元、福井がそれぞれ1曲ずつ披露した後、自身の Instagramでも紹介するなど、大のスイーツ好きとして知られる福井の「スイーツタイム」がスタート。現事務所に所属した後、多くのスタッフから勧められたという、劇場の横にある「フルーツパーラーゴトー」の“マンゴーパフェ”と“スイカパフェ”が登場した。実際に福井がステージ上でマンゴーパフェを食べると、あまりの美味しさに無言の笑顔で2口目に入る場面も見られ、改めて福井のスイーツ好きが証明された形をなった。坂元もおすすめスイーツを紹介した。

そして、チャット上で質問を募集するコーナーがスタート。リアルタイムで2人に質問ができる機会も少なく、「自粛中は規則正しい生活はできましたか?」や「好きなミュージカル作品は何ですか?」、「お2人の初対面の印象はどうでしたか?」など、多数の質問が寄せられ、ファンとの交流を楽しんだ。

最後に福井は、「今回はオンラインという、初めての試みで不安もありましたが、トークやライブを通してメッセージが届けられればなと思いました。一番良い形は実際に劇場にお越しいただくことではあるのですが、その日がきた時は改めて、想いを共有できれば嬉しいです。今回はオンライン上でも、お届けできたのはすごく良かったです」とイベントを振り返り、2人のデュエット、福井のソロ曲が披露された後、初のトーク&ライブは幕を閉じた。

関連記事(外部サイト)