高橋みなみ「私だけだった」AKB48卒業生として参加した楽曲の裏話明かす

高橋みなみ「私だけだった」AKB48卒業生として参加した楽曲の裏話明かす

6月22日に放送されたTOKYO FM『高橋みなみの「これから、何する?」』で、高橋みなみが参加した楽曲『離れていても』について語った。

【別の記事】高橋みなみ、夫につかれた驚きの“嘘”を明かす「同棲し始めた時に…」

番組内では、AKB48現役メンバーらに加え、高橋ら卒業生8名も参加した楽曲『離れていても』を紹介。

その中で高橋は「もう1か月位前ですかね」「秋元先生からご連絡をいただきまして」と、秋元康から直接オファーがあったことを明かした。

続けて「嬉しかったですね、このコロナ禍の中で私自身もなにか出来ることないかなってすごく探している時期だったので」と、心境を振り返った。

また、MVについても「私もおうちで撮影したんですけども、自分でリップシンクみたいなのを撮ったんですよ」「自分の後ろにおうち時間がわかるような小物を」と、自身で撮影をしたとも明かしていた。

撮影の指示には「自分の好きなものが置いてあったり」などとあったため、高橋は「漫画置いたんですけど、そんな事やってんの私だけだったんですよ」と、他のメンバーとは違う雰囲気になってしまったと笑い声を上げていた。

関連記事(外部サイト)