「はるひの with DODOWAKA」万葉集×EDMで話題のデビュー曲を再構築し、伊勢丹新宿店オリジナル盆踊りが誕生

「はるひの with DODOWAKA」万葉集×EDMで話題のデビュー曲を再構築し、伊勢丹新宿店オリジナル盆踊りが誕生

新元号「令和」の典拠として一躍注目度が高まった「万葉集」の歌世界を、最先端のダンスミュージック「EDM」で奏でる独創的なプロジェクト「はるひの with DODOWAKA」。

TikTokで1200万再生超えを記録した「来むとは待たじ」とのカップリングで、2019年9月に配信リリースした、はるひの with DODOWAKAのデビュー曲「令和 -UME no UTAGE-」が、この度、伊勢丹新宿店オリジナル盆踊りに採用された。

伊勢丹新宿店では、今夏のゆかたのテーマを「SUMMER GROOVE(サマーグルーヴ)」として、日本の夏の風物詩である「盆踊り」をクローズアップ。新型コロナウイルス感染症の影響で町の盆踊りが中止になっていくなか、7月18日(土)にはZOOMを使ったオンライン盆踊り大会も開催される。

大会では、おうち盆踊りを盛り上げるべく、インスタグラムにてハッシュタグ「#ステイホーム盆踊り」を付けて盆踊り動画を投稿すると、いいね!の数の多い上位3名に“オリジナルてぬぐい”をプレゼント。

大会に向けて、「盆バサダー佐藤智彦氏」の振り付けと「はるひの with DODOWAKA」の楽曲にて伊勢丹新宿店のオリジナル盆踊りが誕生。特設サイトにて、60秒バージョンの音源と振付動画が公開されている。

「令和 -UME no UTAGE-」は、新元号の典拠となった万葉集(巻5)“梅花の宴”(32首)より、5首を歌詞に引用。梅の花を愛で、宴を楽しむ気分をアップテンポなEDMにアレンジしたパーティーチューン。会いたくても会えない、お祭りや花火、盆踊りといった、いつもの夏が楽しめない想いを胸に、令和時代へのアンセムであるデビュー曲を『音頭』に《再構築》。

緊急事態宣言下のトーキョーで、メンバーが一度も顔を合わせることなく、リモートワークでレコーディングし、現代語の歌詞も加えて、装いも新たに《令和 -UME no UTAGE- 音頭》として生まれ変わった。

ちょっぴり懐かしさを感じるお祭りムードとともに、思わず踊らずにいられない1曲。はるひの with DODOWAKA「令和 -UME no UTAGE 音頭-」による伊勢丹新宿店オリジナル盆踊りを楽しんでみてはいかがだろう。

関連記事(外部サイト)