Bermuda Triangle、待望の1stアルバム配信開始

Bermuda Triangle、待望の1stアルバム配信開始

謎のバンド「Bermuda Triangle」の待望の1stアルバムが、7月10日(金)に配信がスタートする。

「Bermuda Triangle」はメンバーのSHUが中学生の時、バーミューダ・トライアングル・バンドを結成。23歳の時にデビューが決まるが、直前空中分解。バンド名の由来となった魔のバーミューダ・トライアングルで難破した船のごとく、深い海に沈むようにバンドは解散。デビューの話もなくなった。リーダーで全ての楽曲を書いていたSHUは、スカウトされたレコード会社へ就職。以来、音楽業界の裏方として歩んできた。

「Bermuda Triangle」の1stアルバム「EARLY TIMES」は、当時の楽曲をカセットテープで聴いた音楽関係者がリリースを提案したことがきっかけ。

メンバーのSHUはポツンとひとりですべての楽器、歌、コーラスをこなし、ソーシャルディスタンスを考えた「新しいレコーディング様式」ともいうべきスタイルで作り上げた。グループ名もバンドをとって「Bermuda Triangle」とした。

リード曲となった「なんにもない夜」は、20歳の誕生日の夜に「10代がいとも簡単に終わってしまった」という虚無感からSHUが口ずさんだフレーズ。バンド時代、ライブで一番人気のあった曲だ。奇しくもコロナ渦の東京。自粛の街を撮影したMVはまさに「なんにもない夜」。過ぎてしまった切なさと明日に向かって生きる現代人へのメッセージが切ない。

昭和、平成、令和という時代の凍土から出土したシティポップスへのオマージュは、年齢を問わず聞けるアルバムになっているのでぜひ聞いてみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)