乃木坂46生田絵梨花、多忙な舞台中に楽屋でご飯炊く“ルーティーン”の理由とは?「試しに…」

乃木坂46生田絵梨花、多忙な舞台中に楽屋でご飯炊く“ルーティーン”の理由とは?「試しに…」

7月13日放送の日本テレビ系『スッキリ』に、乃木坂46・生田絵梨花がVTR出演した。

【別の記事】乃木坂46生田絵梨花、秋元真夏を「ひどい」と思ってしまった瞬間とは?

VTRの中で、生田は、舞台に出る時に楽屋で必ず行っている“ルーティーン”として「楽屋で炊飯器でご飯を炊く」と明かした。

続けて「マチソワ(昼・夜公演)とかを立て続けにやらなきゃいけない舞台があって、その時にだんだん元気がすり減ってくるような感じがしてしまって」「やっぱご飯かな?って思ったんですよ」と説明。

そして「試しに1合半炊きのちっちゃいミニ炊飯器っていうのがあるので、それを楽屋に持ち込んで炊いて、幕間に食べてみたら、すごい調子が良くって」と語った。

さらに「舞台の差し入れとかって普通はお菓子とかなんですけど、私の場合はお米いただいたりとか」「ご飯に合うお供みたいな、缶詰だったり、瓶詰だったりとかをいただくことが多くて」「すごい助かってます」とコメントした。

関連記事(外部サイト)