チョコプラ長田、鼻茸除去の体験談&術後の痛み語る「結構奥のほうとか…」

チョコプラ長田、鼻茸除去の体験談&術後の痛み語る「結構奥のほうとか…」

7月13日深夜放送の文化放送『チョコレートプラネットの東京遊泳』に出演したチョコレートプラネット・長田庄平が、自身が受けた“鼻茸”除去手術について語った。

【別の記事】チョコプラ長田、和泉元彌と“音信不通”になった理由明かす「すごい誤解を生んで…」

番組冒頭、長田は、自身の鼻の中にできたポリープ“鼻茸”の除去手術を先日行ったことを報告。また、手術は全身麻酔で行われたことも説明した。

そして「手術時間は2時間ぐらいすかね」と振り返ると、相方の松尾駿は「えっ!そんなかかんの?」「しっかり手術じゃん」と驚きを覗かせ、長田は「そうね」「結構奥のほうとかたぶんガリガリガリガリやって」とコメント。

加えて、手術後の状態について「痛いんだよ」「全部詰まってるから、とりあえずガーゼで」「(鼻の)両サイドにピーナッツを2個ずつ詰めて、目の後ろにゴルフボールぐらいの水風船があって…っていう感覚」と振り返った。

さらに、現在の調子については「絶好調じゃない。まだじんわり…押したりとかしたら痛い」「違和感はまだあんのよ」と明かしていた。

関連記事(外部サイト)