ゆりやんレトリィバァ、“結構ヘビー”だった中学時代の出来事を回想「当時好きな子がいて…」

ゆりやんレトリィバァ、“結構ヘビー”だった中学時代の出来事を回想「当時好きな子がいて…」

10月28日深夜、フジテレビ系『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』にゆりやんレトリィバァが出演した。

【別の記事】ゆりやん“ネタに昇華した失恋”を告白「悔しくて…」

番組の中でゆりやんの中学生時代に関して話題が展開されると、ゆりやんは「テニス部のキャプテンだったんです」と当時について切り出した。

続けて、集合の号令をかけると部員からボールを自分の方に打ちこまれたり、ランニングする際に振り返ると誰もついてきていなかった、など部活動でのエピソードを回想し、スタジオから「結構ヘビーや」といった声が上がった。

さらに「前の席のあっちゃんが、急に振り返って私にこう言ったんです。『私とゆりの共通点ってさ、人間であることしかないよな』」と教室での出来事についても明かしつつ「当時好きな子がいて、その子のことをずっとあっちゃんに相談してたんです。あっちゃん応援してくれてたんですけど、ある日あっちゃんと私の好きな人が付き合ってたんです」「なんで勝ってんのに、まだそんなこと言うの…ビックリしてもう言葉が出なかった」と振り返っていた。

関連記事(外部サイト)