松任谷由実の究極のラブソング「A HAPPY NEW YEAR」を、京都観光おもてなし大使WITHDOMが、1月1日0:00にカバーリリース&Music Video同時公開

松任谷由実の究極のラブソング「A HAPPY NEW YEAR」を、京都観光おもてなし大使WITHDOMが、1月1日0:00にカバーリリース&Music Video同時公開!

「守ってあげたい」、「春よ、来い」などの名曲の数々で知られる松任谷由実。その代表作の一つとも言える、最愛の人を想う優しい気持ちが詰まった、新年の代名詞ともなっている「A HAPPY NEW YEAR」。

最愛の人への想いを歌ったこの歌を、京都観光おもてなし大使を務めるWITHDOM(ウィズダム)がカバーし、新しい年の幕開けとともにiTunes Store、Spotifyなど各サイトでデジタルシングル一斉配信とMusic VideoのYouTube同時公開を行った。

WITHDOMが様々な名曲をカバーしているYouTubeカバー動画企画の2021年第一弾となるこの作品。

6ヶ月連続配信リリース中、iTunes Storeでシングル&MVチャートの連続ダブル1位を記録しているその実力通り、原曲の持つ温もりを失うことなく、R&BテイストのサウンドとWITHDOMならではの和的アレンジも施し、3VO+Rapperのハーモニー、トークボックスのボーカルアレンジが、原曲の新しい魅力を引き出している。

過去にはKing Gnuの白日、椎名林檎の丸の内サディスティック、BTSのLightsなどあらゆるジャンルをカバーし、2020年最後のカバー作品として発表したTWICEのFeel Specialは、バラードアレンジでしっとりと聴かせ、多くのリスナーを魅了。

また、ライブパフォーマンスにも定評のある彼らは、スピード感あふれるステージや、フルバンドでしっかりと歌を聴かせるステージなど多くのファンを魅了している。

地元京都の電鉄会社とコラボし、12月11日に京都名物の嵐山花灯路イベント企画として、駅ホームの特設ステージからYouTube生配信ライブを行うなど、京都観光おもてなし大使としての音楽活動も積極的に行なっている。

そして2021年最初のステージは、1月9日に福岡・キャナルシティ博多にて、野外ステージでのライブを披露する予定。音源、パフォーマンス、話題性など、2021年その活動から目が離せない注目のアーティストである。

関連記事(外部サイト)